太陽光発電の効率の良さは、ランニングコストにも影響を与えます。
太陽光発電を設置すると、太陽が出ている日中は太陽光発電によって作りだされた電気でご家庭の家電製品等を動かすことができます。
消費電力が大きいとされるエアコンもテレビも、冷蔵庫やパソコン、洗濯機、照明に至るまで全てまかなうことができます。
しかし、曇りの日や雨の日、夜間など太陽が出ていない時間帯は、太陽光発電ができないので電力会社から電力を購入する必要があります。
そのため、自宅で使う電力をいかに効率よく発電し、供給することができるかは、電気代がどれくらい節約できるかに関わってくるのです。
店舗併用住宅やクリニックの経営など電力を多く必要とするご家庭であっても、晴れている日には太陽光だけできっちり電力をまかなえるだけの効率よい設備を設置したいところです。
多額の費用をかけて設置したにも関わらず、日中すら電力会社から電気を購入しているという状況だけは避けたいですね。
さらに多少曇っている日でもわずかな太陽光を集めて発電できれば、なおベストです。
また、しっかり発電してご家庭で使う以上の電力量が発生すれば、電力会社に余剰電力を売電することができます。
太陽が出ていない時は電力会社に電気代を払って電力を購入しますが、日中、電力が余れば買い取ってもらうことができ、売電量が多ければ、その分、電気代を相殺できます。
効率よく発電し余剰電力が生じるほど、ランニングコストを下げる効果が出るわけです。
国が定めた自然エネルギーの買取制度においては、最長20年に亘り、1KWHあたり42円の高い単価で電力が会社が余剰電力を買い取ることが求められています。
買取制度は2012年7月に拡大・補充され、太陽光発電をはじめとした自然エネルギーの増強を目指しています。
いつか資源が途絶える石油に代わるエネルギーの補強や、火力発電などCO2を発生する発電を縮小することによる地球温暖化防止、そして原子力など安全性が完全でない電力からの代替を求めていく方針です。
その甲斐あって、制度が拡充された7月以降の2か月間で、国が認めた自然エネルギーによる電力は130万キロワットに達し、大型の原発1基分の電力が作られるなど、順調なスタートを見せています。
みなさんのご家庭もその一翼を担うことが期待されています。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>