それでは、実際に効率の良い太陽光発電システムを導入するには、どうしたらいいでしょうか?
まずは、いくつものメーカーのホームページを見て、そのシステムの違いや特徴、太陽光発電の基本的な仕組みやメリットを学習しましょう。
太陽光発電についての知識が深められたら、実際にどのくらいの発電量が欲しいかなど、ご家庭での具体的な希望を考えてみます。
そのうえで設置工事会社に見積りを依頼しましょう。
見積りは必ず、複数の業者に行うのが鉄則です。
いかに評判のいい業者であっても1つだけでは比較対象がなく、本当に最適な業者なのか分かりません。
現在ではネットなどで無料一括見積りができるサイトがあるので、それを利用してもいいでしょう。
近所で最近、太陽光発電を設置したご家庭があれば、設置工事会社の評判を聞いてみましょう。
話を聞き、現在の発電量や電気代の節約状況などを伺って、信頼が持てそうであれば、その業者にも見積もりを依頼したいところです。
ご家庭の屋根の位置や向きにより状況は異なるので、全てが一致するわけではありませんが、近隣のご家庭は日照時間など地域的な条件が重るので、参考になることがあります。
そして、同じエリアに同じ業者が工事を手掛けた家庭が増えれば、頻繁に顔を出し、メンテナンスやアフターフォローが期待できたり、お互いの状況を比較確認し合うことで、設備の維持を心がけることができます。
また、ネットによる見積もりは地域等の条件から行う極めて概算的なものなので、必ず、自宅訪問をしてもらい、現地調査をする必要があります。
その際は屋根の向きや形状による設置のメリットやデメリットを詳しく解説してもらい、どの程度の発電量が見込めるか、電気代はどのくらい削減でき、余剰電力の売電はどの程度期待できるか、設置費用の回収期間は何年くらいになるか、設置後のアフターフォローや無料保証のサービスについて、納得がいくまで確認しましょう。
各社の現地調査と見積もりが集まったところで、もっとも効率よい発電が見込まれ、工事の技術に信頼性があり、アフターフォローも手を抜かない信頼のおける業者を選び出しましょう。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>