我々は太陽光発電を設置する前は採算性や安全性を考慮してそれを設置するかどうかを判断します。
いくら太陽光発電が社会貢献することであっても、収益性や採算性が悪かったら、その設置はしないかもしれません。
太陽光発電はクリーンな再生エネルギーを無尽蔵の太陽の光から作り出すことで、社会貢献と経済的メリットの両面を満たすことができる、我々個人ができるもっとも有効な手段といえます。
しかし我々は太陽光発電に関しては、良く知っているということはいえません。
まず手始めにしなければならないのは、安心して任す事ができる業者選びからです。
太陽光発電は日照時間など地域性はありますが、屋根の形状や屋根の方向などによっても発電量は違ってきます。
それらのことから、その家の発電量を正確にシュミレーションできる業者であることが、業者選択の条件になります。
それによって、設置を決めるのですから。
また我々の疑問に、正確に答えられること、メンテナンスが十分できることなどが安心安全の業者選びだと思います。