太陽光発電はその名の通り、太陽光をエネルギーとして発電して電気を作る方法ですから、雪の多い北国の方では役に立たない発電方法だと思われてきたふしがあります。
冬の間、雪がたくさん降れば、太陽光パネルにもどっさりと雪が降り積もり、発電どころではありません。
けれど、そんなこれまでの当たり前と思われていた事象を覆し、新潟市では雪国型ソーラーパネルを開発して実際に発電に成功しています。
太陽光パネルを絶妙な角度に据え付けることによって、降ってきた雪はパネルを滑り落ち、下に積もるようになっています。
これによって真冬、雪が降っていても太陽光が顔を出せば発電できるようになったのです。
新潟市でこの雪国型の太陽光発電が成功したということは、これから先、他の雪国でも使えることになり、日本全国で太陽光による発電が可能になったということになります。
その意味で、雪国でありながら太陽光発電をあきらめなかった新潟市には感激します。