新潟は日本ではかなりの豪雪地帯という事で有名ですが、冬の暖房にかかる費用を少しでも節約するために太陽光発電の導入を考える方もいらっしゃるかも知れません。
太陽光発電を入れますと電気代が格段に安くなります。
さらにこのようなメリットもあるのです。
万が一災害などが起こって停電になっても電気が使えるというところです、まだ夏場でしたら問題はありませんが真冬に停電になってしまいますと電気を使う暖房などは使えなくなってしまいます。
また、ガスのファンヒーターや石油のファンヒーターの場合でも電気が無ければ使えません。
ですので停電が原因で凍えるような寒さを体感しなければいけないのです。
しかし非常用電源としても太陽光発電は使えますので非常時でも暖かく過ごすことができます。
ですので新潟こそ設置するのにいいのではと思いました。
ちなみに設置する時には屋根に設置することが多いのですが、大体は南側につけます。
南のほうが発電量が多いからです。
しかしどうしても南側に屋根が無い場合や狭い場合には他の方角にもつけることにまります。
この場合には東や西に渡ってつけることもあるのです。
北には絶対につけません。
北は光が殆ど入ってきませんし、発電量も少なくなってしまうからです。
ですので北しか屋根の無い家などの場合でしたら太陽光発電をあきらめる場合もあります。
あるいは別に足場を作ってそちらのほうで発電をする場合もあるのです。
新潟は広い家もかなり多いですので遮るものがないという点では発電量がかなり多くなるかも知れません。
ですので設置を考えてみるのもいいかも知れません。
もしも発電の量について心配があるのでしたら事前に調査をしてもらえばいいだけのことです。
これで具体的にどれだけ発電ができるのかがわかりますのでしてみてください。
これで十分にあればちゃんと元が取れるほどに発電できるはずです。
安心してもらいたいと思います。
新潟にも沢山の取り付け業者がありますので見つけてください。