太陽光発電機器を導入することが、本当に安心で安全なのかというのは、家のやめが傷むことや大きな金額の出費が、価値を持つのかという2点のようで、それを私にここに来られる方は老齢の方が多いです。
ほんの3年前に4k強の容量の太陽光発電システムを屋根一杯に乗せたのですが、500件以上あるこの町の中で太陽光発電をしている家は、本の数件だったからです。
特に田舎においてはこだわりを持った高級な屋根瓦をしている和風の家も多いですから、それを傷められることの方が、費用を回収できるとかできないということよりも重大なようでした。
太陽光発電機器をつけることよりも先に優良案業者の情報を得て、とことん話をしてみることが良いだろうというアドバイスを付け加えながら、助成金の件と売電の件を話しました。
オール電化についてはしたいと思っている人が多いので、それと合わせて経済的にどうお得なのかも説明したのです。
その話から、なるほどと思った一件の中年層の夫婦が、和風の家の屋根一杯に太陽光発電を取り付けました。
我が家よりも家族が少なく、昼間の電気を使わないその家は、発電が5kを超える容量のものを取り付けたのです。
毎月の売電金額は非常に大きい上に電気代は本当に小さいということで、費用から助成金分を引くと、その屋根貯金は短期間で費用分を抜いてしまいます。
次の瓦の吹き替え時期がきたら貯まった屋根貯金ですると笑っているくらいでした。
しっかりとした業者を選ぶことができれば、説明も細やかで解りやすいですから、工事内容についても納得ができ、安心して任せられたという結果だったようです。
安心で安全かというのは、やはり専門業者に尋ねることが一番です。
安心で安全、快適な生活は私たちの状況を見てもらうと一目瞭然ですが、家によって違う心配な点は、私たちが説明してもなかなか解決しませんから、業者に話を聞いたり、取り付け現場に立ち会わせてもらったりするのが一番良いと思います。
老若男女、どのような世代にも太陽光発電の魅力を理解してもらえると確信を持って言えます。