自宅の屋根に設置する太陽光発電システムの目安は、過去1年間に自宅で消費した総電力の7割以上を発電する能力を持つシステムを設置する事といえるでしょう。
null年間消費電力量の7割前後を太陽光発電でカバーすると、太陽が出ている時間帯の電気代はほぼ不要になります。
一般的な親子5人家族が一年間に消費する平均消費電力は4500kWh前後です。
ですから太陽光発電システムの発電能力が7割以上、最低でも3200kWhの発電能力がある機種を選定する事が目安となるでしょう。
新潟県で、一時間あたり4kWの発電能力がある太陽光発電システムを設置すると1年間の予想発電量は3900kWh前後となり、一般的な親子5人家族が1年間に消費する電力の90パーセント近くをカバー可能です。
国産メーカー製造のソーラーパネルを設置すれば、一般的な家屋の屋根に4kWの発電能力を持つソーラーパネルは十分設置可能です。
やや小さめの家屋でも3.5kWの発電能力を持つソーラーパネルは設置できますから、能力的には十分であるといえるでしょう。