今現在、とても実験的な試みが行われているということをご存知でしょうか。
実は新潟市内にはメガソーラー発電所が存在しています。
nullしかし、冬季の日照時間がかなり短いといわれている新潟市内で、なぜ太陽光発電所を作ったのでしょうか。
その理由として、実は雪国ならではの日照時間が短い環境下でも、日照時間が短い中だからこそ、立地条件などを比較的幸の少ない環境にすることや、幸で日照時間が短くても発電効率が高い太陽電池を使うなど、雪国ならではの設備や状況判断によって最適な発電方法によって、太平洋側に作られている発電所などと同様の発電効果を得られているという結果が出ています。
この結果を踏まえることによって、雪国であったとしても太陽光発電を導入することは、電力などにいい影響を期待することが可能です。
今後は新潟市内だけではなく、それ以外の雪国といわれている地域でも導入することで、更に太陽光発電による発電が可能となるでしょう。