今や太陽光発電も、定着しつつありますが、それでも全部の世帯に設置がしているというわけではありません。
そう、いくら補助金があっても、価格はまだまだ高いものです。
しかし、地震が多い我が国では、いつ何時天災に襲われ、停電を余儀なくされるかわかりません。
新潟市などは、まだ記憶に残っている大きな地震がありました。
多くの世帯で、停電があり、電気を使用できないがために、不便な生活をしなければなりませんでした。null
そう思うと、自家発電である太陽光発電があれば、停電で悩むこともないでしょう。
従来の自家発電では、音も大きいし近所迷惑になります。
さらに、そう電気がもちません。
ですが、太陽光発電ならば、昼間蓄電したものがあれば、その分使用できるのです。
万が一のことを考えれば、太陽光発電は役に立ちます。
少なくとも、大きな音を立てて電気を起こすことはしません。
また、日頃余った電力は売電すればいいのです。
電気代も上がる今、考え時かもしれません。