null太陽光発電して多くの方が良かったと感じているのは何と言っても余った電力を売却できることです。
太陽光発電は蓄電することができませんが、太陽光が降り注ぐ昼間に自宅で電力を消費しても余った分を電力会社に売却することができるのです。
しかもその売却価格もかなり割高なのでお得感があります。
それに売却した電力の量や、購入した電力の量などもメーターで分かるので家族みんなが目に見えて節電を意識し始めるという効果があるのです。
今までは月に一度の検針票でのチェックくらいでしかできなかったエネルギーに対する意識が、太陽光発電にすることでより目につきやすくなるのです。
太陽光発電は自宅に発電所があるようなものですから家族がそのシステムを理解してより長く使い続ける努力をしなくてはいけません。
太陽光発電のシステムの寿命は20年以上にもなると言います。
一度つけたらなかなか取り替えることは難しいので出来るだけ定期的にメンテナンスして長持ちさせて多くのメリットを享受したいものです。