多くの原子力発電施設が稼働を停止していて今後の電力供給がどのように変化するのか不透明である上に、
電気料金の値上げなどもテレビや新聞のニュースなどで取り沙汰されているので、
私たちもこれまでのように家庭で使う電気の全てを電力会社に依存するだけではなく、
家庭用の太陽光発電のシステムを設置して自家発電をすることによって万全な対策をとっておく必要があるのかもしれません。
新潟にお住まいの方は家庭用の太陽光発電のシステムに興味関心を持たれている方も多く将来を見据えて太陽光発電のシステムを設置する方が増加しております。
例えば新潟市を見てみると家庭用の太陽光発電のシステムを設置する際には国を始め新潟市からも補助金が交付されるのですが、
多くの方が家庭用の太陽光発電のシステムを設置して補助金の交付申請を行ったために補助金申請期間終了を待たずして補助金申請の受付を早期終了している程なのです。
確かに家庭用の太陽光発電のシステムを設置して自宅で発電することが出来れば自由に電気を利用することが出来、
自家発電と節電を組み合わせれば月々の電気料金がかなり安くなります。
太陽光発電のシステムを設置すれば日中に家庭で使用する電力のほとんどを賄うことが出来ますし、
使い切れなくても電力会社が買い取りをしてくれますので一切ムダはなく売電によって収入を得ることも出来ます。
太陽光発電は設置後20年間は少なくとも使用可能ですので家庭に太陽光発電のシステムを設置すれば長期にわたり安定的かつ経済的に電力供給が可能となるのです。
ただ新潟にお住まいの方が家庭用の太陽光発電のシステムの設置を考えたときの懸念材料として、
冬季は雪が降ったり天候が荒れるので新潟は太陽光発電を設置する環境に向いていないのではないかと心配されているかもしれません。
しかしながら太陽光発電の要となる太陽パネルは高温よりも気温が低い方がより効率的に発電するので、
春季から秋季にかけては気候が安定している新潟は関東をはじめとする他の地域と同様かそれ以上の発電が十分期待できるのです。
ですので新潟にお住まいの方はこれからも積極的に太陽光発電を自宅に設置されると良いでしょう。