我が家も悩みに悩んで、去年、太陽光発電をつけました。
悩んだのは、メディアでも多く取り上げられていて、話題性はありますが、まだまだ質はこれから向上するし、もっといいものが出て来た時に購入した方がいいのでは、という躊躇があったからです。
しかし、ショッピングセンターで展示されていた太陽光発電を見て、気持ちは変わりました。
日系の大きなメーカーですし、性能は良さそうでした。
一流ブランドということもあって、保証もしっかりしているところも、いいなと思いました。
実際に説明してくれた方も、太陽光発電のことをよく理解されていて、説明も分かりやすかったですし、こちらの素人な質問にも丁寧に答えてくれて、対応がとても良かったと思います。
キャンペーン中ということもあって、定価よりも少し安くしてもらえたことも、決めたきっかけです。
実際に太陽子発電をつけて良かったことは、たくさんあります。null
まず、家族それぞれが電気に関心を持つようになりました。
今まではスイッチをつければ電気がついていたのは、ごく自然のことだと思っていましたが、毎日天気が良い時間帯だけ太陽が発電してくれて、それが家庭の電気となるというメカニズムを知ってからは、電気がいかに大切なものかがわかるようになりました。
おかげで、みんな家庭内で節電意識が高まり、電気のつけっぱなしなどもなくなりましたし、夏場もエアコン温度を積極的に上げて節電に貢献できたと思います。
節電に貢献できたかどうかは、毎月の請求書を見ればわかります。
太陽光発電で余った分は電力会社に売るので、その売った量が使用量よりも多い月があれば、みんなでガッツポーズをします。
目に見えて、頑張った結果が分かるのが嬉しいですし、それがお金となって自分のもとに戻って来るのは、なんだか太陽さんに申し訳ないような気がしてしまうくらいです。
でも、太陽光発電をつけなければ、こういった節電意識は生まれなかったと断言できます。
ぜひたくさんの家庭にこれからも普及して欲しいと願っています。